蕎麦's blog

能登・七尾のさかなとして、能登&七尾の美味しい魚を紹介しようとブログを始めたけど、いつのまにか相当の蕎麦好きになってしまった。あまりに蕎麦の記事が増えてきたので、こちらに蕎麦のブログを作ってしまいました。

そば切り 仁@石川県七尾市

70軒目の記事は、2022年6月に石川県七尾市にある『そば切り 仁』に行った際の記事です。

 昼食をいただきにお邪魔しました。

暑い日が続いているので、涼しいところで蕎麦を食べたくなって、こちらのお店に行くことにしました、が…。

能登町(天領庄屋中谷家)のお店、閉店されたんですね。

知りませんでした。

 

「あー残念だな」と考えていると、あれっ、待てよ。

中島町のカフェ遊帆で、仮営業してるじゃないかー。

そう遠くないから、とりあえす、行ってみよー。

 

 

お店に着くと、確かに看板あります。

ネットの記事のとおり、仮営業されてるようです。

お店に入ると、蕎麦できますと言うことでした。

 

 

メニューは、ざる蕎麦、ざる蕎麦大盛り、の2種類です。

とりあえずは、量も分からないので、ざる蕎麦にしました。

 

お店の中からは、隣接するマリーナのヨットを望むことができ、時折、海の上を流れてきた、塩気を含んだ風が店内を通り過ぎていきます。

海育ちの私にとっては、慣れ親しんだ風になります。

そうこうすると、ざる蕎麦が運ばれてきました。

 

 

 

細打ちの綺麗に揃った蕎麦です。

見るからに、風味が強そうですが、まずは蕎麦を一口。

 

まず、玄蕎麦の香ばしさ、しっかりとした蕎麦の甘み、見た目以上に野性味溢れる荒々しい蕎麦の味がします。

細打ちですが、蕎麦はしっかりと蕎麦の様相をしています。

風味的には、十割そばの感がありありなんですが、喉ごしも良いので噛むのを躊躇してしまいます(笑)

 

 

ツユは、醤油の塩味が感じられますが、なぜか嫌な感じはしません。

どちらかと言うと、好みの味です。

しっかりと節で出汁がとられているためか、美味しさの方が勝っています。

あまりの美味しさに蕎麦をつまむ手が止まらず、5分とかからずに食べ切ってしまいました。

ざる蕎麦を注文しましたが、大盛りにすればと後悔です。

好みの味の蕎麦湯もいただいて、大変に満足いたしました。

 

 

食べ終わってから、少し店主とお話をさせていただきました。

中谷家のお店を閉めて、縁があってこちらで営業させていただいているようです。

店主は穴水町の出身だそうで、現在、穴水町に新店舗を建設する予定だそうです。

ただ、年内いっぱいは中島町で営業されているそうなので、何度か食べにきたいと伝えました。

 

期間限定ではありますが、七尾でこんなに美味しいお蕎麦が食べられるなんて、うれしい限りです。

ざる蕎麦以外の蕎麦も食べてみたいので、それは新店舗での楽しみにしておきます。

ちなみに、蕎麦は福井産で配合割合は9.4割、0.6がつなぎだそうです。

お腹いっぱい、ご馳走さまでした。

 

 

 【お店の情報】

店名:そば切り 仁

住所:石川県七尾市中島町外イ部21-2 カフェ遊帆

電話:ー

営業:11:00~16:00

休日:水、木曜日

 

 

 

nihachi.hatenablog.com