蕎麦's blog

能登・七尾のさかなとして、能登&七尾の美味しい魚を紹介しようとブログを始めたけど、いつのまにか相当の蕎麦好きになってしまった。あまりに蕎麦の記事が増えてきたので、こちらに蕎麦のブログを作ってしまいました。ただいま、引っ越し中

おそば屋 小幸@石川県白山市

34軒目の記事は、2021年7月に石川県白山市にある『おそば屋 小幸』に行った際の記事です。

 

 昼食をいただきにお邪魔しました。

金沢に所用があって近くまで行ったので、「とうへんぼくな仲間」の一店、小幸さんに伺いました。

お店に着いたのは開店の20分前、駐車場に先客の車はなかったので、どうやら今回は一番乗りになりそうです。

 

待つこと20分、開店時間ちょうどにお店が開き、店先に暖簾がだされました。

お店に入って、まず、手指の消毒をすませ、体温を計測し、窓際のテーブル席に座りました。

店内は、コロナの感染防止対策が徹底されており、対面席にもアクリル板が設置されています。

しっかりとした対応がされています。

 

f:id:sakana770:20210702151833j:plain

 

まずは、メニューを覗き見て、注文する料理を考えます。

やっぱり、先頭に書かれている「おろしそば」に目がいきますが、「とうへんぼくな仲間」のお店と言うことは「白山のなめこを使っているかも…」と思ってしまい、「なめこおろしそば大盛り」を注文しました。

大ぶりのなめこに目がないんです。

 

f:id:sakana770:20210702151904j:plain

 

しばらく待つ間、ポツリポツリとお客さんが入ってきました。

店内は、席の間隔もとられているので、それほど気にせず座っていられます。

なめこおろしそば大盛りが、運ばれてきました。

 

f:id:sakana770:20210702151938j:plain

 

f:id:sakana770:20210702152003j:plain

 

こちらのお店は初めてなんですが、ちょっと蕎麦のイメージが違っていました。

「とうへんぼくな仲間」のお店と言うことで、勝手に唐変木の蕎麦をイメージして、もう少し武骨な蕎麦を想像していたんですが、繊細そうな蕎麦でした。

蕎麦、一本、一本、に蕎麦の核が見てとれます。

まるで、蕎麦の核を一本の蕎麦に紡いでいるようです。

 

f:id:sakana770:20210702152031j:plain

 

それでは蕎麦を、ひと口。

香りはそれほど強くはありませんが、蕎麦の味は強く感じます。

おろしを絡めて、ツユをつけ、更にひと口。

まず、先んじておろしのさっぱり感を感じますが、噛むほどに蕎麦の旨みを感じます。

これ、旨いっす。

 

薬味は、おろし、ネギ、きゅうり、なめこ、です。

蕎麦の薬味にきゅうりは初めてですが、なめこは大ぶりで食べごたえありです。

夏向きのさっぱりした薬味は、蕎麦に涼を感じさせます。

 

気づけば、皿は、あっという間に空っぽになっていました。

旨い蕎麦は、減るのが速いです(笑)

蕎麦と薬味の組み合わせもよかったんですが、今度伺ったときは、純粋に蕎麦の味を楽しみたいので、「おろしそば」を注文しようと思います。

お腹いっぱい、ご馳走さまでした。

 

 

 

 【お店の情報】

店名:おそば屋 小幸

住所:石川県白山市新成1丁目311

電話:076-259-1841

営業:11:00~15:00

休日:火・水曜日

 

f:id:sakana770:20210702152112j:plain

 

f:id:sakana770:20210702152156j:plain

 

f:id:sakana770:20210702152220j:plain