蕎麦's blog

能登・七尾のさかなとして、能登&七尾の美味しい魚を紹介しようとブログを始めたけど、いつのまにか相当の蕎麦好きになってしまった。あまりに蕎麦の記事が増えてきたので、こちらに蕎麦のブログを作ってしまいました。ただいま、引っ越し中

そば処 茗荷庵@石川県羽咋市

26軒目の記事は、2021年6月に石川県羽咋市にある『そば処 茗荷庵』に行った際の記事です。

 

 昼食をいただきにお邪魔しました。

羽咋市の山間にある神子原地区。

ローマ法王にお米を献上したとして名が知られている地区ですが、お米だけではありません。

こちらの蕎麦もオススメなので、お店に伺いました。

 

f:id:sakana770:20210610080034j:plain

 

店前には、石川ナンバーの車が2台。

それほど混んでいないようなので、お店に入ります。

暖簾をくぐると、右側のカウンター席に1人、奥の和室に2人がいます。

店員さんが、左手前の和室に手を向けたので、そちらに座ります。 

 

f:id:sakana770:20210610080117j:plain

 

すぐに、温かい蕎麦茶が運ばれてきました。

メニューを見ると、冷たいそば、ざるそば、おろしそば、とろろそば、鴨せいろ、天ざるそば、とあります。

私は、おろしそば、連れは、温かいそば、を注文しました。

さらにメニューを見ていると、そばがき、そばぜんざい、があります。

それを見つけた連れが、食べたい病を発症する。

連れが、そばぜんざいを注文する。

店員さんから、ちょっとできませんと返ってくる。

連れが、そばがきを注文する。

店員さんから、ちょっとできませんと返ってくる。

…と繰り返した後、メニューには「繁忙の折はご希望に添えない」とある。

繁忙ではなかったような気がするが…。

 

まー、気を取り直して。

そうこうする間に、蕎麦が運ばれてきました。

 

f:id:sakana770:20210610080210j:plain

 

f:id:sakana770:20210610080238j:plain

 

蕎麦は、見るからに美味しそうです。

蕎麦を一摘み、するっと喉に運ぶ。

喉ごし良しです。

おろしだから、蕎麦にツユをぶっかけたいところですが、我慢できずにツユにつけて一口。

しっかりと、蕎麦の風味も感じられます。

香りは僅かに少ないが、好みの田舎風の蕎麦です。

おろしは、辛いとまでは言えませんが、薬味としての存在感はあります。

これ、美味しいです。 

 

f:id:sakana770:20210610080316j:plain

 

最後は、蕎麦の上におろしをのせて、ツユを回しかけます。

おろしも、ツユも、一緒になって喉奥にかっ込みます。

なんか、久しぶりに野性味ある蕎麦を食べたような気がします。

(最近、上品な蕎麦が続いたせいかな。)

 

〆にそば湯を器に回しかけ、おろしもツユも飲みきりました。

いや、まんぞく、満足。

 

f:id:sakana770:20210610080349j:plain

 

f:id:sakana770:20210610080419j:plain

 

お会計を済ませ、案山子焼のカッパに挨拶をしてお店を出ると、感染防止を呼びかける信楽焼のたぬきにお見送りされました。

たぬきさん、マスクは良いけど、腹出てるから、風邪ひかないように(笑)

 

充分に満足はしたんですが、連れは食べられなかった、そばがき、そばぜんざい、のことが気になる様子。

次にお店にきたときに、食べましょう。

お腹いっぱい、ご馳走さまでした。

 

 

【お店の情報】

店名:そば処 茗荷庵

住所:石川県羽咋市神子原町ト部32

電話:0767-26-2419

営業:11:00~16:00

休日:火・水曜日

 

f:id:sakana770:20210610080444j:plain

 

f:id:sakana770:20210610080515j:plain

  

f:id:sakana770:20210610080545j:plain