蕎麦's blog

能登・七尾のさかなとして、能登&七尾の美味しい魚を紹介しようとブログを始めたけど、いつのまにか相当の蕎麦好きになってしまった。あまりに蕎麦の記事が増えてきたので、こちらに蕎麦のブログを作ってしまいました。ただいま、引っ越し中

そば処 敬蔵②@石川県野々市市

28軒目の記事は、2021年6月に石川県野々市市にある『そば処 敬蔵』に行った際の記事です。

 

昼食をいただきにお邪魔しました。

前回いただいた「こんな蕎麦打ってみた」が美味しかったので、またぞろ食べたかったんですが、残念ながらタッチの差で売り切れてしまっていました。

ちなみに、食べれなかったのは「田舎そば 細打 ひきわりブレンド 改」でした。

なんと仰々しい名前でしょうか。

 

f:id:sakana770:20210619071133j:plain

 

いただいたのは、私は「鴨汁そば」、連れは「もりそば」でした。

連れは、温かいそばを食べたかったようなんですが、店員さんに「本当に温かい蕎麦でよいですか」と確認され、店主に「本当に温かい蕎麦でよいですか」と確認され、しまいには店主に「温かいのメニューに書いてあるけど、冷たくないと美味しくないよ」と、冷たい蕎麦に変更されていました。

自分の蕎麦に自信があって、良い意味で頑固なお店です。

 

5分と待たずに、蕎麦が運ばれてきました。

鴨汁そばです。

 

f:id:sakana770:20210619071215j:plain

 

 

f:id:sakana770:20210619071318j:plain

 

淡く緑色がかった、透きとおった蕎麦です。

相変わらず、きれいな色彩をしています。

まずは蕎麦だけを、ひと口。

旨いっす。

改めて、「蕎麦って甘いんだ」と感じられる品です。

 

f:id:sakana770:20210621191802j:plain

 

次に鴨汁を、ひと口。

鴨の旨味が、汁にとけでています。

ネギと鴨、本当に相性の良い食材ですね。

 f:id:sakana770:20210619071243j:plain


蕎麦と鴨汁、それぞれに味わった後は、つけ蕎麦の開始です。

蕎麦をすくっては、鴨汁につけ、一気に口に運び、あとはワシワシ。

蕎麦の香りと、鴨汁の濃厚さ、ワシワシ、ゴクン、ワシワシ、ゴクン、を繰り返すと、あっという間に蕎麦の皿は空っぽでした。

あー、美味しかった。

蕎麦の後には、さっぱりした蕎麦湯をいただき、別注の「わらびの昆布〆」をいただきました。

 

f:id:sakana770:20210619071350j:plain

 

昆布〆とは名ばかりに、昆布を使って水分を抜き、わらびの旨みをひきだしているんですね。

前を見ると、連れは蕎麦アイスをほうばっていました。

 

f:id:sakana770:20210619071413j:plain

 

「冷たい蕎麦、美味しかった」と言いながら、蕎麦アイスのスプーンが止まりません。

まさに、幸せの極みですね。

帰り際、連れが店主に「冷たい蕎麦、美味しかった」と伝えると、「ありがとう」と口にしながら表情を崩していました。

今回も大変に満足させていただきました。

お腹いっぱい、ご馳走さまでした。

 

 

【お店の情報】

店名:そば処 敬蔵

住所:石川県野々市市本町1丁目8-28

電話:076-294-1486

営業:11:30~14:30

休日:水曜日

 

f:id:sakana770:20210619071459j:plain

 

f:id:sakana770:20210619071608j:plain

 

f:id:sakana770:20210619071534j:plain