蕎麦's blog

能登・七尾のさかなとして、能登&七尾の美味しい魚を紹介しようとブログを始めたけど、いつのまにか相当の蕎麦好きになってしまった。あまりに蕎麦の記事が増えてきたので、こちらに蕎麦のブログを作ってしまいました。ただいま、引っ越し中

うどん坊 山むろ@福井県越前市

31軒目の記事は、2021年6月に福井県越前市にある『うどん坊 山むろ』に行った際の記事です。

 

夕食をいただきにお邪魔しました。

武生駅近くのホテルに宿泊だったので、近くで福井の名物を食べたく、お店を探しました。

ソースカツ丼ボルガライス、と考えては見たものの、結局は越前そばの一択になりました。

いろいろとネット検索で調べる内に、こちらのお店のホームページに辿り着きました。

 

なになに、「越前利家御前」なる料理がある。

前田利家公ゆかりの梅鉢型の器に、郷土・福井の味とお蕎麦を盛り込んであると書いてあったので、問い合わせたところ「一人は対応していない」と言うことでした。

それは残念と納得はしたものの、やっぱり越前そばを食べたかったので、お店に伺いました。

 

f:id:sakana770:20210622080415j:plain

 

お店まで歩いて行き、

暖簾をくぐり、

店員さんに一人である旨を伝えます。

 

店員さんからは「どの席でも」と言われたのですが、空いているのが4人テーブルのみ。

大テーブルでの相席は可能なようですが、先客が嫌がるかと考えていると、先客から「どうぞ」と着席を促されたので、お言葉に甘えました。

いまだ、御前の料理が頭のなかにありましたが、まずはメニューを見ましょう。

 

f:id:sakana770:20210622080444j:plain

 

いろいろありますね。

越前そば、おろしそば、うどん、定食類、結構なんでもありますね。

私は、最初にビールをいただきたいので、なにか肴がないかと見ていると、そば点心?

店員さんに聞くと、うなぎ、とろろ、天ぷら、の3種類が上にのった蕎麦だと言うので、つまみにもなってよいかと注文しました。

しばらくの間、ビールで口を潤ませ、注文した料理が運ばれてくるのを待ちます。

 

f:id:sakana770:20210622080519j:plain

 

そば点心が、運ばれてきました。

本当に3種類のネタがのっているんですね。

蕎麦の鉢が3鉢もあると、壮観です。

 

f:id:sakana770:20210622080608j:plain

 

まずは、アツアツの海老の天ぷらを、がぶり。

エビがプリプリです。

蕎麦ツユではなく、卓上にあったお塩でいただきました。

 

f:id:sakana770:20210622080539j:plain

 

次に、うなぎを、がぶり。

ふわふわのうなぎです。

これも、ビールのよい肴です。

 

f:id:sakana770:20210622080629j:plain

 

あとは、蕎麦ですね。

お椀に蕎麦ツユを入れ、まずは、ひと口。

口当たりの良い、食べやすい、素朴な蕎麦です。

店内には、小さな子供から、高齢の方までいらっしゃいますが、これは万人受けする蕎麦ですね。

 

薬味は、ネギ、胡麻、わさび、とろろの蕎麦もあるので、味変には全く困りません。

ビールと肴を交互に口に運び、蕎麦をワシワシといただきました。

まんぞく、まんぞく。

 

店前には大きな駐車場がありましたが、ほとんどの皆さんは車で来ていないようで、地元に愛されているお蕎麦屋さんなんですね。

お腹いっぱい、ご馳走さまでした。

 

 

 

 【お店の情報】

店名:うどん坊 山むろ

住所:福井県越前市神明町1-8

電話:050-5872-4862

営業:11:00~15:00、17:00~19:45

   土日祝 11:00~19:45

休日:水曜日

 

  

f:id:sakana770:20210622080658j:plain

 

f:id:sakana770:20210622080725j:plain

 

f:id:sakana770:20210622080753j:plain